30代の吹き出物

30代の女性は、さまざまなストレスにさらされ、ストレス解消の為に不規則な生活、暴飲暴食などをついしてしまいます。また妊娠、出産を経験する人も多く、体は劇的な変化をする年代です。

 

思春期のニキビには悩まされたことがなかったのに、30代になってあごやフェイスラインのニキビに悩まされることはありませんか?これは30代の女性の体の変化と、生活習慣による影響があると考えられます。吹き出物ができる原因は、古い角質の蓄積と乾燥、過剰な皮脂分泌です。

 

原因

30代になると、20代にくらべ皮脂の分泌が低下してきます。皮脂が少なくなると、肌のバリア機能が低下しさまざまな刺激からダメージを受けやすくなります。また肌の新陳代謝が28日周期よりも遅れてくるといわれています。そうなると肌の生まれ変わりとともに作られていたセラミドが不足してしまいます。セラミドは保湿成分なので、肌が乾燥しやすくなり、さらに肌の新陳代謝が滞るという悪循環になります。そうして肌が乾燥し、古い角質がたまっていき毛穴を塞いでしまうのです。

 

ストレス

またストレスが多い状態で、不規則な生活、暴飲暴食が続くと、ホルモンバランスが崩れてきます。年代的には皮脂分泌が少なくなってくるのですが、ホルモンバランスが崩れているため、皮脂が過剰に分泌されることもあります。ホルモンバランスが崩れているということは、ストレスなどの影響で体のバランスも崩れ、胃腸の働きが低下したり、血行が滞り冷え症になってしまいます。体の代謝機能が低下するので、体への負担が蓄積しその影響でフェイスラインやあごに吹き出物が出やすくなるのです。

 

対策

30代の吹き出物は、まずは生活習慣を見直してみることが大事です。それだけではなく、ストレスは解消し、体に溜め込まないようにしましょう。スキンケアは保湿や美白効果の高い物を選び、吹き出物を予防しながら、できてしまった吹き出物の跡が残らないようにしましょう。

 

吹き出物が悪化してしまったら、クリニックに相談し早めに治すことが大事です。

30代の私の吹き出物、症状と悩み

吹き出物に悩んでいる30代の方に
症状や悩みを聞いてみました。

 

治りにくくなった

30代になり、10代や20代の頃からよくできていたニキビなどの吹き出物の症状が、治りにくくなってきている事が悩みです。

 

10代の頃から、吹き出物は良くできていました。30代になると、新陳代謝の衰えも原因のひとつなのかも知れません。若い頃はできてもそのままにしておけば、数日でいつの間にか治っていました。現在は数日たっても同じ状態ということも珍しくありません。治っても、痕になってしまうという症状が出てきています。

 

吹き出物の悩みを他の方も感じておられるようで、私の周りでも30代になって治りにくいという話を良く聞きます。年齢と共にスキンケア商品が違いますので、年齢にあった手入れをしています。

 

とにかく痛くて目立ちます

30代に突入してから顔に吹き出物がよく出るようになりました。若い頃からニキビが出来やすく悩みの種でしたが、30代になってまでこんな出来物に悩まされるとは思いませんでした。

 

吹き出物の症状は、とにかく痛くて目立ちます。一度に3つぐらい同時出来る事もあり、同僚に冷やかされる事もよくります。傾向としては脂っこい食べ物を食べた後やストレスが溜まった時に出来やすく、自分でも生活を見直すようにしました。野菜を多めに食べるようにして、夜更かしするクセも止めました。

 

また、先輩に勧められたオーガニックの洗顔石鹸を使い始めたところ、吹き出物が出来る回数がかなり減ったように思います。症状が改善され、悩みも少なくなってきましたが、体の調子が肌にもはっきり出るという事がわかり、健康管理に努めるようにしています。

 

仕事が忙しくなって

子どもの頃から肌の油分が多く、吹き出物が多くありました。ずっと悩みになっていたのですが、顔を綺麗に洗うことで少しずつ落ち着いていました。

 

大人になってからは少し落ち着いたのですが、30代を過ぎたあたりからまた吹き出物の症状が目立つようになっていました。仕事が忙しくなって、家に帰ってからも化粧を落とすのが簡単にすましたことで、毛穴などに化粧が残っていたようです。それが吹き出物の原因かと。

 

さらに、30代になって特に化粧のノリが良くなくなっていて、余計に厚化粧になっていたのが悪影響になっていたみたい。悩みが再発してきたときに、また綺麗に顔を洗うことを思い出し、綺麗にすることで症状は落ちついています。