鼻にできた吹き出物、原因と対策

鼻はTゾーンと言われる部分にあり、皮脂分泌が盛んなところです。
思春期のニキビもTゾーンといわれるこの部分に多く出ます。
以前、鼻の角栓を取るシートを使ったことのある人は、取れた皮脂の固まりが長いなと感じたことはありませんか?
鼻の毛穴は他の部位よりも深い為、皮脂が多くたまりやすい場所でもあるのです。

 

皮脂が多く分泌される部分は、毛穴がつまりやすく、アクネ菌も増殖しやすい環境です。
そのため、鼻は吹き出物が出やすくなります。
皮脂の分泌が盛んになるのは、単に毛穴が多いからという理由だけではなく、皮脂分泌を促進するホルモンの影響があります。

 

思春期の皮脂分泌は、成長ホルモンや新陳代謝によるものすが、大人の場合はどうでしょうか?
大人になるとホルモンバランスは安定した物になりますが、さまざまな原因によってホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
その原因が、ストレス、睡眠不足、不規則な生活などです。
それらの原因によってホルモンバランスが乱れて、結果的に皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
まずは生活習慣の見直しが必要になります。

 

また皮脂によるてかりや、化粧崩れ、または毛穴が目立つ為に、余分に皮脂を取ってしまうと、肌が乾燥しさらに皮脂が分泌されるという悪循環になってしまいます。
ですから、無理に皮脂を取り去ろうとせず、洗顔などで清潔に保ちましょう。
油とり紙の使いすぎや、角栓のとりすぎには注意が必要です。

 

また鼻の毛穴がつまると、皮脂がつまりやすくなります。
毛穴がつまるのは汚れが十分に落としきれなかったり、肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、古い角質がたまってしまうことが原因です。
洗顔やクレンジングで落としきれない汚れは、毛穴にたまりやすくなります。
また、生活習慣の乱れや、代謝の衰えによって肌の生まれ変わりもスムーズにいかなくなります。
毛穴をつまらせないためには、汚れをしっかり落とすことと、体の代謝を良くするということがポイントになります。