顔の吹き出物、その原因と対策

思春期のニキビはTゾーンや顔に出ることが多いですが、大人になってから出る吹き出物は、あごのラインまたはTゾーンが多いです。
その中でも頬は顔の中でも皮脂の分泌が少ない場所ですが、そこに吹き出物が出るのはどのような原因からでしょうか?

 

吹き出物はニキビですので、基本的には毛穴が皮脂などでつまったり、アクネ菌によって炎症を起こしたりします。
しかし、頬の部分は顔の中でも、吹き出物ができる原因は少し異なります。
顔の中でも頬は皮脂分泌が少ないため、特に乾燥しやすいところです。
乾燥が進むと肌のバリア機能が低下し、雑菌が繁殖したりアクネ菌が活発になる環境になります。
乾燥しているのに、吹き出物が出る状態は要注意です。
吹き出物があるからと、つい保湿を怠ってしまうからです。
肌のバリア機能は乾燥によって低下するだけでなく、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質がたまり、毛穴をふさぎやすくなります。
毛穴がふさがると皮脂がつまりやすくなり、吹き出物ができ、炎症を起こしやすくなります。

 

肌の乾燥にはスキンケアで十分な保湿も必要ですが、生活習慣の見直しも必要になります。
乾燥は、スキンケアや環境が原因の場合と、生活習慣が影響していることがあります。
不規則な生活、睡眠不足、ストレスなどによって、体のバランスが乱れます。
ホルモンバランスが乱れることで、皮脂の分泌が活発になったり、乾燥が進むことがあります。
また、自律神経が乱れ血液循環が悪くなり、肌のくすみや乾燥の原因になります。

 

さらには便秘や偏った食事によって、栄養が不足したり、老廃物がたまることで、肌の外側へ、体の不調のシグナルとして吹き出物が出ることがあります。
顔の吹き出物は、スキンケアだけでなく、食生活や生活習慣の見直しが必要です。

 

顔の吹き出物は基本的なスキンケアを正しく行い、汚れをためない、十分に保湿することで改善しやすくなります。
また剥がれ落ちずにいる古い角質を落とすピーリングなどのスペシャルケアも必要です。
顔の吹き出物は体の内側の改善も必要で、食生活や生活習慣を見直すことが大事です。
睡眠不足、ストレス、便秘は解消しましょう。