赤い吹き出物と白い吹き出物

吹き出物は、思春期のニキビができる原因とは異なりますが、全く同じ物です。
吹き出物は大人のニキビといわれ、その原因はストレスや生活習慣、ホルモンバランスの変化などです。
あごやフェイスラインに出ることが多く、体調によっても出る場合があります。

 

吹き出物はニキビと同じく、色によってその症状が異なります。
白い吹き出物は、白ニキビと同じ物です。
毛穴に皮脂がたまり、固まった状態になっている物をコメドと言います。
これが毛穴の奥まで詰まってしまい、さらに角質や汚れなどで毛穴に栓がされている状態を白ニキビと言います。
吹き出物がこのように白い場合は、詰まったコメドを取ることで、悪化を抑えることができます。
しかし安易に取り除こうと無理に絞り出したりすると、毛穴周辺にダメージを与えてしまい、色素沈着してしまったり、肌に存在する菌によって炎症を起こしたりすることがあります。
できればこの白い吹き出物のうちに、治してしまうのがベストです。

 

毛穴が開き、コメドの先端が酸化し黒くなった状態を黒ニキビといいます。
白い吹き出物や黒い吹き出物のケアを怠ってしまうと、肌の表面に常在しているアクネ菌や、ブドウ球菌などが繁殖し、その刺激で炎症を起こしてしまいます。
毛穴の周りが赤く炎症を起こした吹き出物を赤い吹き出物、または赤ニキビと言います。

 

吹き出物が赤く炎症を起こしてしまった場合は、まずは炎症を抑えることが大事です。
炎症が起きてしまうと、色素沈着が起きやすくなりニキビ跡になる可能性が高くなります。
クリニックでは炎症を抑える薬を処方してくれるので、触ったりせずに治療することをおすすめします。

 

赤い吹き出物ができて悪化すると、毛穴の中に膿を持った状態になります。
こうなるとニキビ跡になる可能性は、かなり高くなってしまいます。
炎症を起こしてしまった吹き出物は、早めに治療することが大事です。
保険が適用される治療があるので、できるだけダメージを少なくする為にはクリニックに相談に行ってみましょう。