吹き出物にはどんな薬がいいのでしょう?

吹き出物を治すためには、化粧品などのスキンケアでケアするか、ドラッグストアで入手した薬を使うか、
または病院で治療してもらうかの方法があります。
しかし、吹き出物の状態をしっかり見極めないと、誤ったケアを行ってしまい、症状が悪化してしまうことがあります。
特に炎症をおこすなど悪化した吹き出物には、病院での治療が最も効果的です。

 

病院では医師が、吹き出物がどのような種類か、またはどのような状態かを判断します。
吹き出物の状態によって、処方する薬なども異なります。
病院での治療には塗り薬と、飲み薬が処方されることがあります。
ではどのような薬があるのでしょうか?

 

病院での治療には塗り薬と飲み薬がありますが、飲み薬は抗菌薬です。
特に吹き出物の治療において、保険が適用になる薬を挙げてみましょう。

 

まずは外用レチノイド剤としてアバダレンが配合されている薬です。
2008年から保険が適用されるようになった塗り薬になります。
この薬は、面ぽうの状態から、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビにいたるまで、どのような状態にも使用できます。
この薬は毛穴のつまりを取り除く効果、または毛穴がつまるのを防ぐ効果があります。
個人差はありますが、炎症を起こしている状態の吹き出物にも効果が高く、また炎症を起こす前の吹き出物に対しても、悪化を予防する効果もあります。
しかし肌がひりひりする、赤みなどの副作用が出ることもあります。

 

また長らくニキビ治療に使用されてきたのが、イオウ製剤外用です。
イオウの効果によって、殺菌力が高く、角質を柔らかくして剥がれやすくする効果があります。
炎症が起こっていない、初期段階の吹き出物に効果が高いです。

 

炎症がある場合には抗菌薬として、飲み薬または塗り薬が処方されます。
その他にはビタミンCなどのビタミン剤、ホルモンによるニキビにはホルモン剤、炎症を抑える消炎の塗り薬などが処方される場合があります。

 

外用レチノイドは、すべての医療機関で取り扱っているわけではないようなので、確認が必要です。
また吹き出物の状態や、種類によって処方される薬は異なります。