吹き出物の膿と芯

吹き出物が出るとつい芯を取りたくなって、触ったり絞り出してしまうという方はいないでしょうか?
触ってはいけない、根気強く治そうと思ってもつい触れてしまいます。
しかし、触れているうちに状態が悪化して、治りにくかったり跡が残りやすくなってしまうのです。

 

では気になる吹き出物の芯や膿はどのようにケアしたらよいのでしょうか?
吹き出物、いわゆる大人のニキビには段階があります。
皮脂が毛穴につまって、かたまりになってしまったものをコメドといいます。
このコメドがあるまま、毛穴がふさがった状態でできているのが、白ニキビです。
またコメドが押し上げられ毛穴が開き、皮脂が空気にふれ酸化し、黒くなっているものを黒ニキビといいます。
このときはまだ炎症がなく、コメドが毛穴につまった状態です。
吹き出物の芯とは、このコメドのことをいいます。

 

初期の段階でこの芯を上手にとることができれば、吹き出物は炎症を起こさずに治ります。
この段階で、自分でコメドを取り除きたくなりますが、失敗すると出血したり、毛穴の周辺の組織にダメージを与えてしまい、吹き出物は悪化し、跡が残りやすくなってしまいます。
この段階のケアがとても大事なのです。
たとえばエステなどの吸引で、ある程度とることも可能ですし、クリニックではレーザーや専用の機器によって取り出すことが可能です。

 

この白ニキビや、黒ニキビがさらに悪化すると赤ニキビになり、アクネ菌などの常在菌が影響して、膿を持った黄ニキビになります。
毛穴の周辺は炎症を起こしていて、無理に膿を取り出そうとすると、にきび跡が残るリスクが高くなります。
ですからできるだけ、炎症を抑えることが大事です。
クリニックでは、この吹き出物の治療には保険がきき、塗り薬や飲み薬などの抗菌薬や、外用レチノイドなどの薬によって治療します。
また美容外科でも吹き出物は治療が可能で、レーザーなどで膿を取り除き、ニキビを治療します。

 

吹き出物は触ったり、無理に芯や膿を取り除こうとすると、悪化してしまいます。
できれば早い段階で、しっかり治すことが大事です。