生理前と吹き出物

女性にとって吹き出物はとてもっやかいなものですよね。
吹き出物が出る原因はさまざまありますが、決まって生理前に出る人が多いのではないでしょうか?
ここでは生理と吹き出物がどのような関係があるのか、説明していきましょう。

 

女性の生理周期は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)によってコントロールされ、体が変化していきます。
この二つのホルモンが周期的に交互に優位になることで、子宮が変化していきますが、それに伴い体にも変化が出てきます。
生理が始まってから排卵前のおよそ2週間に徐々に優位になるのはエストロゲンで、子宮を発達させます。
肌状態は最も良い状態になり、新陳代謝が活発になります。

 

そして生理前2週間前くらいからプロゲステロンが優位に分泌されます。
体は老廃物がたまりやすくなり、むくんだり便秘しやすい時期になります。
またこのホルモンの影響で皮脂の分泌が多くなり、毛穴に皮脂がたまりやすくなります。
そして生理1週間前になると、過剰な皮脂の分泌でつまった皮脂と、肌の新陳代謝が滞り、乾燥している肌状態が原因で、吹き出物ができやすくなります。

 

生理前に吹き出物ができやすいのは、生理のメカニズムがあるからです。
このようにホルモンの影響で、肌は吹き出物が出やすい環境になりますが、生理が終わりホルモンバランスが変わることで、肌の状態は落ち着いていきます。

 

この生理周期に合わせて、肌のケアを行ったり、休息を取ったりすることで体のコンディションを整えることが可能です。
それが吹き出物の予防にもつながります。
肌の角質ケアなどを行う場合は、生理が終わってから排卵までのエストロゲンが優位になっている時期です。
生理中は敏感な時期なので、保湿ケアを徹底し肌には負担をかけないようにしましょう。
生理が終わってからの時期は、肌のコンディションがベストな状態なのです。

 

また生理前のむくみや便秘をしやすい時期には、できるだけむくみや便秘が解消できるようにしましょう。
食事や入浴によって、代謝を促します。
スキンケアは基本的なケアをしっかり行い、特に保湿は十分に行うことが大事です。
女性の場合はホルモンバランスによって、体や肌はかなりの影響を受けます。
そのバランスに合わせて、コンディションを整える工夫をしていきましょう。