吹き出物を潰すとどうなる?

吹き出物は、いけないとわかっていてもつい触ってしまったり、潰してしまいたくなります。
思春期のニキビのように、顔のあちこちにできてしまうわけではなく、大人のニキビである吹き出物は、あごのところに1個、こめかみに1個できたというように、気になる1個の吹き出物である場合が多いです。
その吹き出物を早く治したいという思いで、つい潰してしまいたくなります。

 

しかし吹き出物を潰してしまうときは、実際は細心の注意が必要です。
現に皮膚科によるニキビの治療にも、専用の器具を使って皮脂を取り除く方法があります。
しかし、あくまでもこの方法は、衛生的で、専用の器具を使って行うということが重要で、専門的な技術が必要です。
ですから安易に吹き出物を潰してしまうことはできません。
実際に吹き出物を潰してしまうと、どのようなリスクがあるのでしょうか?

 

吹き出物は毛穴の中に皮脂がつまることでできてしまいます。
最初の段階は白ニキビの状態ですが、悪化すると炎症を起こしている赤ニキビになります。
アクネ菌による影響で炎症が悪化することもありますが、無理に潰してしまうと、アクネ菌が広がったり。
ちがう雑菌によって炎症が深刻なものになることもあります。
つぶしてしまうと、出血してさらに悪化します。
また、一度潰してしまうとかさぶたになり、なんども触ったりひっかいたりすることはありませんか?

 

このように無理矢理つぶすことで、吹き出物の周辺の細胞が傷つき、色素沈着をしてしまい、にきび跡がシミのように残ることもあります。

 

以上のように吹き出物を潰してしまうと繰り返し触ってしまい、雑菌やアクネ菌によって、悪化します。
赤みが出たり、化膿したり、さらには治りにくくなることもあります。
また、炎症を起こしている部分に刺激を与えたり、細胞を傷つけることで、メラニンが生成され沈着し、にきび跡が残ってしまう場合もあります。

 

吹き出物ができたら、無理矢理潰さないようにしましょう。
症状が悪化したら、皮膚科に相談することをおすすめします。