妊娠初期の吹き出物、原因と対策

妊娠は女性にとっては一大イベントです。
体が大きく変わる時期で、およそ10ヶ月の間にもめまぐるしく変化します。

 

妊娠中は生理が止まり、子宮で赤ちゃんを育てるためのさまざまな変化があります。
そのため普段の生理周期とは異なり、ホルモンのバランスが変化します。
それが原因で妊娠初期には、吹き出物で悩まされている女性は少なくありません。
なぜ吹き出物が出やすくなるのでしょうか?

 

妊娠初期は、生理周期においてバランスを保って分泌されていたプロゲステロンとエストロゲンが、妊娠を継続する為に盛んに分泌されるようになります。
プロゲステロンは皮脂分泌を促進するので、皮脂が過剰になり毛穴につまりやすくなります。
またこの二つの女性ホルモンは、交互に優位になって分泌されていたのですが、妊娠時には同時に分泌されるようになります。
妊娠していない状態のホルモンバランスとは全く違うので、肌だけでなく、体にも大きな変化があります。

 

エストロゲンの作用で、体の中に水分をためやすくなり、むくみが出てきます。
またプロゲステロンの作用で、子宮の収縮を抑えるため、その他の筋肉の働きも抑制します。
そのため胃腸の働きが鈍くなり、便秘がちになりします。
またホルモンの影響で、疲れやすかったり、イライラすることもあります。
これらの体の変化が、不快感やストレスになり、吹き出物が出やすい状態を作ってしまいます。

 

妊娠期は体が劇的な変化をするので、できるだけゆったりした気持ちで、無理をせず休養をとることが大事です。
つわりがつらい時期でもあるので、食事もバランスよく摂ることも難しいのです。
毎日の体調に合わせて、決して無理をせず生活することがポイントです。
また肌の状態も敏感になり、化粧品が合わなくなったり、かゆみがでたり、また吹き出物の跡はシミになりやすい時期です。
敏感な肌の状態が気になるときは、クリニックに相談してみましょう。
日常のスキンケアは保湿を重点的に行い、顔だけでなく、体全体の保湿も心がけましょう。