吹き出物ができやすい場所

大人になってからのニキビは吹き出物と言われることが多いですが、この吹き出物、できやすい場所があるのでしょうか?
思春期のニキビとは違い、吹き出物ができる原因はさまざまあります。
そのため吹き出物が出る場所も、思春期のニキビとは違います。

 

大人のニキビの原因はストレスや生活習慣の乱れが大半で、皮脂分泌が過剰になったり、肌のターンオーバーが乱れたり、ホルモンバランスが崩れることによってできやすくなります。
そのため、TゾーンよりもUゾーンである頬やあごのラインにできやすいのです。
生理前に出やすくなったり、ストレスや寝不足などが重なると出やすくなったという経験はありませんか?
ストレスや寝不足が続くと、自律神経が乱れ、ホルモンバランスに影響を及ぼします。
そうなると、そのホルモンの影響を受けやすい場所のUゾーンに出やすくなります。

 

また汗や、皮脂の分泌が盛んなTゾーンも吹き出物が出やすい場所です。
特に夏には汗や、髪の毛よごれ、メイクのよごれなどが原因で出ることが多い場所です。
皮脂や汗、メイクの油分が混ざり合って、メイク落としをしても洗い残しがあったり、紫外線によって肌がダメージを受けていて肌本来のバリア機能が低下していると、ニキビができやすい状態になります。

 

そして吹き出物は顔だけではありません。
胸や背中、お尻などに出てしまい悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
背中や胸、お尻などは、ついケアを忘れてしまいがちな場所ですよね。
特に背中や胸は皮脂の分泌も盛んで、毛穴がつまりやすく、汚れもたまりやすい場所だったりします。

 

皮膚表面のケア不足だけでなく、体に出る吹き出物の場合は代謝が悪い為に出ることもあります。
汗をかかない、水分を取らないという生活習慣が蓄積すると、体の中に老廃物をためやすくなり、吹き出物として出ることがあります。
例えば便秘がちな人は、便秘が続くと吹き出物が出ることがありますよね。

 

これらのようにさまざまな原因によって、吹き出物は皮脂分泌の多い部分に出やすくなります。