おでこの吹き出物、原因と対策

おでこの吹き出物は、特に髪の毛の生え際に出やすいです。
もともとおでこを含めたTゾーンは皮脂分泌の多く、思春期ニキビが出やすいゾーンになります。
しかし大人になってからのおでこの吹き出物は、必ずしも皮脂分泌が原因ではありません。
ではいったい何が原因なのでしょう?

 

 

おでこの吹き出物の原因

  • 洗顔料やシャンプーなどの洗い残し
  • 皮脂やメイクがしっかり落とせていないことで
  • 髪の毛についた汚れや皮脂によるもの

 

特に髪の生え際は、汚れやメイクが洗顔やクレンジングで落としきれず、洗顔料やクレンジング剤が残りやすい部分です。
シャンプーした際にも、すすぎによって流しきれず、シャンプーなどが残ってしまうこともあります。
髪の毛と肌の境目は、それぞれのケアの境目にもなるところ。
余分なものが残りやすい箇所なのです。

 

さらに、おでこは紫外線によるダメージや汗などの刺激を受けやすい部分なので、丁寧なケアが必要になります。
汚れを残さないことも大事ですが、保湿や紫外線対策をしっかり行い、肌を保護することも大事。
さまざまな刺激を受けやすい肌は、バリア機能が低下し、アクネ菌が活発になりやすい環境になってしまいます。

 

おでこは他の箇所と同じように、生活習慣の乱れやストレスなどの影響を受けやすいところです。
吹き出物ができたら、生活習慣と肌のケアを見直しましょう。

 

髪の毛

おでこに吹き出物ができてしまったら、ヘアスタイルに注意してください。
頭皮の皮脂分泌は、かなり活発なので、髪の毛は皮脂などの汚れがとても付きやすいのです。
ヘアスタイルによっては、おでこや頬に髪の毛がつくと、皮脂だけではなく、ワックスやスプレー、クリームなどの整髪料などが肌についてしまいます。
そうなると、肌へは大きな刺激になったり、毛穴を塞いでしまう原因になります。

 

おでこの吹き出物の対策

生活習慣やスキンケアの見直しが大切です。
さらには、ヘアスタイルなどを工夫する必要があります。
髪の毛がおでこの吹き出物につかないようする。
整髪料をつけすぎないようにする、などの対策をしっかりと行いましょう。

 

また、スキンケアで対策するなら富士フィルムのルナメアがおすすめ。
糸状の食物繊維がフワフワと変形しながら、毛穴の詰まりをやさしく除去してくれる洗顔料もついて、トライアルセットが送料無料で、なんと1000円。
通販限定のキャンペーン価格なので、気になる方はキャンペーンが終わるまでにチェックしておいてくださいね。