あごの吹き出物、症状と悩み

あごの吹き出物の症状と悩みについてのアンケートの結果です。

 

ホルモンの影響を受けていると言われました

吹き出物があごによく出来るようになりました。
症状は、出来る2、3日前ぐらいから何となく痛みがあると感じ、
そうしている内に膨らみが出来て目立つようになるといった感じです。

 

それほどニキビが出来る体質でもなかったので、
なぜあごに吹き出物が出来るのか、どうすれば出来なくなるのか悩みでした。

 

別の症状で皮膚科へ行った時に少し相談してみると、
あごに出来る吹き出物はホルモンの影響を受けていると言われました。
確かに毎月生理前に出来るような気がします。

 

ホルモンバランスの乱れによるものは、化粧水などではケア出来ないと言われ、
食生活を見直して生活習慣を改善させなさいと言われました。
それ以降野菜を多めに食べるように心がけ、
睡眠もしっかりとるようになったところ、悩みが改善されていきました。

 

生理が近くなると

いつもあごに吹き出物ができてしまう症状があります。
痛みもありますし、とても気になります。

 

吹き出物がありますと、ファンデーションののりもその部分は悪くなりますし、
目立ってしまいますので、とても気になりなんとかして症状を改善させたいのです。
特にチョコレートやナッツなどを食べてしまいますと悪化してしまいます。

 

できてしまわないように気をつけているつもりではいます。
しかし、ホルモンバランスのせいか、生理が近くなると、
あごあたりに必ずできてしまいます。
それが、私の悩みです。

 

こういった吹き出物の悩みを持っている方は多いと思います。
みなさんどうやって解決されているのでしょうか?
やはり皮膚科に行くのがいいのでしょうか。?

 

まず、あごに赤みを帯びた大きめの

私は長年吹き出物の悩みを抱えています。
私の場合、季節の変わり目や脂っぽい食事をした翌日。
化粧品を変えてみた時に、ふとあごに違和感が出るんです。

 

吹き出物ができ始める感じや症状は、人によって違うのでしょうが、
私は、まずあごに赤みを帯びた大きめのボコッとしたものができます。
ムズムズするのでつい触ってしまい雑菌が繁殖した結果、
次第に中心部が白くなって膿を持ち始めます。

 

この膿が外に出て炎症が治まれば良いのですが、
悪化した吹き出物は治りも遅いです。
こわいのは治ってから跡が残ることなので、かなり慎重になります。

 

私は症状の出始めである赤みのあるふくらみの段階で、
早めに市販薬を塗ったり、ビタミンが多く取れる食事を心掛けます。
食事でなかなか難しい場合は、サプリメントを利用することもあります。
肌のちょっとした変化を見逃さない早めの対策で、ずいぶん改善され、
吹き出物の悩みは解消されつつあります。